着物を購入する場合

七五三では洋装を利用する方も多いですが、基本的には和装(着物)の着用率が高くなっています。成長過程で着ることが出来なくなっていきますが、大事な行事でもありますので着物の用意はきちんとしましょう。

購入する場合には、呉服店やデパートなどを利用されると思います。和装では身につけるものが多いので、着物自体の他に和装小物まで必要となってきて、揃えるのは大変ですね。

しかし最近では、七五三セットとして販売される様になっています。サービスとして当日の着付けまでしてくれる場合もあります。若いお母さんで着付けるのはとても・・・という場合にはそういったサービスを活用しましょう。

また美容室では着付けを行っていますので、事前に行きつけの美容室で確認しておくと、お子さんに着付けてくれます。ただし、混み合いますので予約は必要でしょう。

着物をレンタルする場合

衣装を購入される方がいる一方で、1回しか着られないのだしと思ってレンタルを検討される親御さんもいらっしゃいますよね。

レンタル着物も種類も豊富になっていますし、場所によっては着付けまでしてくれますので安心しておまかせ出来ます。サービスはレンタル店によって異なりますので確認して下さいね。また和装小物類まで一式が揃っているので、あちこち探し回らなくても良いのがメリットです。

記念の写真を撮る場合には、神社詣でをしてからでは着崩れをしていることがありますので、着物をレンタルをして、フォトスタジオで先に写真を撮ってから神社に行くこともあるようです。

小さなお子さんがじっとしているのも大変なことですので、先を読んで親御さんが上手くスケジュールを組んであげるようにして下さい。

レンタルは手頃で便利ではありますが、ご自身のものではないので汚れや破損のある場合にクリーニング代の請求や弁償をすることもありますので、レンタル着物の取り扱いには気をつけた方が良いでしょう。

お子さんに言い聞かせても、中々難しいことでしょうが、1日だけのことなので、注意することも身につけさせていくと良いですね。

このページの先頭へ